若ハゲ・薄毛治療・AGA・発毛*美容外科・皮膚科・クリニック

トップページ プロペシアでハゲの治療

プロペシアでハゲの治療

日本で販売されている育毛効果のある薬品に使用されている成分はプロペシアとよばれるものです。

 

この成分は男性ホルモンが関係するハゲであるAGAに効果があることが実験により確認されています。

 

男性ホルモンの一つにステトステロンというものがあります。

 

このステトステロンと5aリダクターゼという酵素が結合するとAGAの原因を引き起こす男性ホルモンであるジヒドロテストステロンが作り出されてしまいます。

 

このジヒドロテストステロンはホルモンのバランスを乱す働きがあり、それが影響してハゲが生じてしまうのです。

 

プロペシアはジヒドロテストステロンの生成を抑えてホルモンバランスを整えることでハゲを治療する成分なのです。

 

この成分は特に新陳代謝が活発な若者に効果があるとされています。

 

つまり若ハゲの治療薬として最適なのです。

 

人の髪の毛には抜ける、そして生えるのサイクルがあります。

 

このサイクルがジヒドロテストステロンによって狂わせれてしまうとまだ上手に育っていない若くて細い毛までが抜けてしまいます。

 

そしてこの状態が繰り返され、最終的にはハゲが生じてしまうわけです。

 

こうしたヘアサイクルを正常に戻し、ハゲを治療してくれるのがプロペシアです。

ハゲの治療を受けたときの食事

 

ハゲの治療をクリニックで受けている時には、自宅でのケア方法についても気を付けてみるとよいでしょう。

 

クリニックに行くことで、男性ホルモンを抑えられる薬を処方してもらえますが、薬を飲んだとしても生活の仕方がまずければ効果を得られにくくなってしまうのです。

 

まず、クリニックでハゲの治療を受けている方は、食事のバランスについて気を付けてみるとよいでしょう。

 

食べている食事のバランスが悪いと、ホルモンのバランスも崩れてしまい余計に毛が抜けやすくなってしまうのです。

 

とくに、野菜を食べずに肉類や油ものを多く摂取していることで、頭皮の血行を促すことができず、健康的な毛も生えてきません。

 

また、肉類や油ものは、過剰な油分が含まれているため、毛穴に脂が詰まりやすくなってしまいます。

 

クリニックでハゲの治療を受けている方は、油ものや肉類の摂取を抑え、野菜や果物、魚などの栄養価の高い食品を摂取してみると効果的です。

 

野菜は血行を高めたり、皮膚の再生を促してくれますし、魚は油分が少なくたんぱく質が多くなっているため、頭皮の原料として最適になってきます。

 

クリニックでハゲの治療を受けている時には、普段の食事についても気を付けてみるとよいでしょう。